ブログ

BLOG

貯金より最強な保険。元本保証で最強です。

2021.02.20

今さら言うまでもなく、預貯金の金利は限りなく0%に近い数字ですね。

金融機関にお金を置いておくのはタンス預金より安全という以外メリットはゼロ。

 

少しでも有利にお金を貯めたいなぁと調べてこのページのお越しいただいたのかもしれません。

そんなあなたにもしかしたらお役に立てるかもしれない預金より有利な保険を使った積み立ての情報です。

 

このページで得する方はこんな人

 

以下の3つの条件に当てはまる方

・現在保険に全く加入していない(一般生命保険料控除の欄に数字が入ってない)

・毎月1万以上は貯金はしたいと思っている

・年間110万以上の収入がある

 

この条件に当てはまる方には有益な情報です。

 

10年で3%のリターンがあります

 

毎月1万を5年間積み立てます。

1万×12か月×5年=60万

 

5年放置…

618,000が満期金として受け取れます。

60万の元金に3%相当額(18,000円)プラスした金額が満期金として受け取れます。

 

たった3%かぁ~。

そう思う方はそっとこのページを閉じてください。

さようなら。

 

元本保証で10年で3%は魅力だと思う

 

今の日本で期間10年、円建てで3%増える小口な金融商品はなかなかありません。

記事を書いてて感じたのは幅広い方に有益なお金を貯める方法の1つかと感じました。

 

※就職したての社会人。

※少しだけヘソクリしたい人。

※なかなか貯金が出来ない人。

※10年以内に使うお金を少しでも有利に貯める方法が知りたい人

 

プラスαで生命保険料控除が使える

 

10年で3%もすごいと思いますが、冒頭に書いた通り保険商品ですので「一般生命保険料控除」の対象です。

仮に全く保険に加入していない場合、

 

年収150万の場合・・・4,900円

年収500万の場合・・・6,900円

年収700万の場合・・・11,000円

年収1200万の場合・・・12,200円

年収1800万の場合・・・16,300円

年収2400万の場合・・・19,100円

 

これくらいの金額が還付される可能性があります。

※社会保険料控除額は、モデルケースとして年収700万円以下の場合、年収×10%、
年収700万円を超える場合、年収×4%+54万円としています。

※上記は、2012年(平成24年)1月1日以降に締結した保険契約の場合です。

※上記は2021年2月現在の法令でシュミレーションした結果です。正確な数字は国税庁HPにてご自身で計算ください。

 

どんな金融商品なのか?

 

周りくどくお伝えした保険商品は明治安田生命の「自分の積立」という商品です。

 

商品の特徴としては

※途中解約してもいつでも元本保証

※満期保険金は103%

※払込期間5年満期10年

※掛け金は5000円から20,000円

 

とてもシンプルな保険商品ですね。

特筆すべき点はいつ解約しても元本が戻ることです。

その期間の生命保険料控除の還付があるわけですから、1年継続したら生命保険料控除分だけでもプラスですね。

 

掛け金が20,000円までしか出来ないですが、生命保険料控除狙いなら月額7000円(年間8万)ですね。

iDeCoは全額所得控除されますが、基本的には60歳まで資金ロックされることを考えれば短期で少額の積立なら最強ではないでしょうか。

 

ちなみに、私はこの商品の取り扱いは出来ませんのでご興味がありましたら、直接明治安田生命にお問い合わせされてみてください。

 

有料相談ではこうしたお得な情報などもお伝えしています。

 

個別相談ご希望の方は
こちらからお問い合わせください。